安心して買えるように

栄養成分を書いておこう

食品に含まれているカロリーや食塩相当量、タンパク質などをパッケージに書かなければいけません。
中には、カロリーや塩分の摂取を控えている人もいます。
そのような人が、自分が食べられる食品を探すための大きな手掛かりになるので必ず記載してください。
法律で決められているので、自分で作ったものに関してもきちんと計算しましょう。

また、賞味期限の記載も義務付けられています。
書かれていないと、いつまで食べれば良いのかわかりません。
賞味期限が切れている食品を食べると、身体に異常が出る恐れがあります。
お客さんが安全に購入したものを食べられるように、栄養成分や賞味期限の記載が欠かせません。
売る前に、書かれているかもう1度確認しましょう。

アレルギーの表示

食品に、アレルギーに関する表示も忘れずに書いてください。
それが終わったら、無事にサイトで売り出すことができます。
アレルギーは命に関わることなので、絶対に書かなければいけません。
使用している食材や調味料も記載すると、さらにお客さんは安心して買えますね。
そのような準備が整ったら、ようやくサイトの経営を開始できます。

サイトはお店を用意しなくても良いので、簡単に誰でも挑戦できると言われています。
しかしやらなければいけないことがいくつかあるので、1つずつ済ませてください。
焦っていると、資格の入手やアレルギーの表示などを忘れてしまいます。
ゆっくり準備を進めて、抜けている部分がないかこまめにチェックしてください。


シェアする

B!