見やすいサイトを意識しよう

まずは、サイトを作ってください。
どのような食品を販売しているのか、すぐに理解できるサイトにするのがおすすめです。
たくさんの色やイラストを使うのは良いですが、派手になると見にくくなるので、お客さんの購買意欲が失せてしまいます。
シンプルに、わかりやすいデザインを意識しましょう。
サイトを作ったら、宣伝することも重要です。
ネットに広告を出したり、SNSで宣伝したりすると食品を販売するサイトを経営しているとみんながわかってくれます。

しかし誰でも、簡単に食品の販売ができるわけではありません。
食品衛生法に基づく営業許可が必要ですし、食品衛生責任者の資格も必要です。
さらに販売するのが酒類だったら、それのための資格も入手しなければいけません。
資格を持っている状態で、サイトの経営を開始しましょう。
これから取得する予定だからと、先に経営を始めることは絶対にしないでください。
また資格を得られる人は、条件が決められています。

販売する食品の情報を、パッケージに記載することは忘れないでください。
栄養成分やアレルギー表示など、お客さんが気になる項目がいくつかあります。
それらを記載することは、食品衛生法などで定められています。
お客さんが安全に食品を買えるように、準備することを忘れないでください。
さらにいつまでに食べきれば良いのかという、賞味期限を記載することも重要です。
記入漏れがあると、お客さんから怪しいと思われて信頼されなくなります。

何を用意すれば良いのか

何を販売しているのかわからないサイトでは、お客さんが食品を買ってくれません。 わかりやすいサイトを意識して作ってください。 また、たくさんの人に見てもらうことが重要です。 そのために、宣伝することも忘れないでください。 SNSなども使って、サイトを経営していることを伝えましょう。

最低でも必要な資格

食品をネットで販売する場合は、食品衛生責任者の資格や食品衛生法に基づく営業許可を持たなければいけません。 無許可でサイトを経営すると、大きな問題に発展します。 また売るのが酒類だったら他の資格も持たなければいけないので、自分が売る予定の商品を見直しましょう。

安心して買えるように

パッケージにアレルギーや栄養成分が記載されていれば、お客さんは安心して買えます。 食品を販売する時に欠かせない情報なので、忘れないでください。 これらの情報を記載することは、食品衛生法で決められています。 記入を忘れると、法律を違反したことになるので気を付けてください。